矢野聖人&武田梨奈、実は泳げなかった!「役を降ろされるかも」という恐怖で言えず(映画.com)

シェアする

★動画配信サービスで映画が見放題★
↓映画見放題で楽しむ方法はこちら↓
>>格安映画見放題サービスのおすすめ<<

[ 元の記事 ]
出典元: 舞台挨拶を盛り上げた矢野聖人、武田梨奈ら

[映画.com ニュース] 矢野聖人、武田梨奈、岡本玲ら注目の若手俳優たちが出演する映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」が11月3日、初日を迎えた。東京・シネ・リーブル池袋での舞台挨拶には秋吉織栄、葉山昴、近藤芳正、鶴見辰吾、藤原知之監督が登壇した。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 和歌山県に実在する日本唯一のクジラ博物館「太地町立くじらの博物館」を舞台にした本作は、純粋にクジラを愛する青年・鯨井太一(矢野)が飼育員リーダーに任命され、来客が減少する博物館を盛り上げようと奮闘するさまを描く。初主演作が初日を迎え、「夢がかなってうれしかったです」と切り出した矢野は、「撮影のスケジュールはタイトでしたが、僕は大変だとは思いませんでした。主演をやらせていただくという思いが大きかったですから」と晴れやかな顔をのぞかせた。

 矢野、武田、岡本らはクジラ博物館で働く職員を演じていたが、実は3人とも泳げなかった、という事実が司会者から明かされた。「27歳として泳げないままだと恥ずかしいじゃないですか。でも僕としてはそういうのを気にしていられなかったですよ。特報でも飛び込むシーンがありましたが、それはもう割り切ってやりました」と告白。そしてこのことは、スタッフも後になるまで知らされていなかったという。

 それだけに「本当に怖かったですね」と正直な思いを吐露する矢野に対し、武田も「わたしも怖かったし、泳げないと言ったら、キャスティングを変えられるかもしれないと思ったら怖かった」と告白。さらに「でも僕よりも武田さんの方がもっと大変だったと思う」と続けた矢野の言葉を受けて、武田は「まずは泳げるようにならないとと思い、レスキューダイバーの免許を持っているチーモンチョーチュウの白井(鉄也)さんに鬼のようにトレーニングしてもらって。クジラと同じように泳ぐ練習をしたので助かりました」と意外な接点を明かした。

 そして2人が泳げなかったという事実を岡本は知らなかったそうで、「わたしは学芸員の役なので、トレーナーとしてクジラと接している2人はバリバリに泳げると思っていました。だから泳げないことの劣等感をお芝居に反映させていました」と語るなど、意外な効用があったようだ。

映画好きなら他の映画ブログも
ぜひこちらからご覧ください
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ

にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

▼月額933円で映画・ドラマ・アニメが見放題▼

▼見放題作品80000本/レンタル作品50000本▼

▼12万作品が月額500円で見放題▼


シェアする

フォローする