似た境遇に共感した倉科カナ、「『あいあい傘』のさつきは絶対に私がやるべき役だと思った」(dmenu映画)

NEWS

[ 元の記事 ]
出典元: 似た境遇に共感した倉科カナ、「『あいあい傘』のさつきは絶対に私がやるべき役だと思った」

『あいあい傘』は、運命に翻弄され、25 年間会いたくても会えなかった娘・さつきと父・六郎の親子が再会するまでを描いた感動作だ。原案は、劇団・東京セレソンデラックスが2007年に上演した、同名タイトルの舞台。この舞台で主演・脚本・演出を務めた宅間孝行が11 年の時を経て、自らメガホンを取り、幻の名作を映画で蘇らせている。

25 年前に失踪した父親を探して恋園町にやってくる主人公・高島さつきを演じたのは倉科カナ。NHK の連続テレビ小説「ウェルかめ」のヒロイン役でブレイクし、現在は多彩な役柄を演じ分ける実力派女優として活躍している。5年ぶりの主演作となった『あいあい傘』で、父に対して複雑な思いを抱えるさつきを熱演した倉科カナにお話を伺った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました