銃は心をどう変える?動悸が止まらない村上虹郎主演作(dmenu映画)

dmenu

[ 元の記事 ]
出典元: (C)吉本興業

今年、玉木宏主演の『悪と仮面のルール』、岩田剛典主演の『去年の冬、きみと別れ』と映画化作品が続く芥川賞作家、中村文則。海外でも高く評価されている彼のデビュー小説『銃』が映画化され、11月17日より公開となる。同作は、鋭い輝きに射抜かれる閃光のような青春映画。主演を務める村上虹郎は、キャリア中、ベストアクトと言っていい充実の芝居を披露している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました