メリー・ポピンズ役のエミリー・ブラント「日本酒をもらえたら空を飛べます」(Movie Walker)

NEWS

[ 元の記事 ]
出典元: 『メリー・ポピンズ リターンズ』のジャパンプレミアが開催

不朽の名作『メリー・ポピンズ』(64)のその後を描く最新作『メリー・ポピンズ リターンズ』(2月1日公開)のジャパンプレミアが、1月23日に品川プリンスホテルのステラボールで開催。主演のエミリー・ブラントが初来日し、日本版声優と日本版エンドソング「幸せのありか」を担当した平原綾香が、同曲を生披露して出迎えた。

【写真を見る】エミリー・ブラントのシースルーのキラキラドレスに会場がどよめく

ロンドンの街並みを再現したステージでは、3人の子どもを持つシングルファザー、マイケルの日本版声優を務めた谷原章介も登壇し、エミリーをエスコート。エミリーのきらびやかなシースルーのドレスに会場がどよめいた。

初来日となったエミリーは「愛のあふれる温かい歓迎を受けています。実は私が一番好きな食事が日本食」と笑顔を見せた。さらに、メリー・ポピンズとの共通点について「空を飛べることでしょうか?ただし、日本酒をいただかないと飛べません」とウィットに富んだジョークを飛ばし、会場の笑いを取った。

エミリーは、平原の生歌については「本当にすばらしい。もしも、先に平原さんが歌っていらっしゃったら、私はとても怖くて歌えなかった。そう思えるくらい胸に響いてきました。また、メリー・ポピンズ役を演じてくださったことを大変光栄に思います」と称賛。平原は感激しきりで、かなり舞い上がっていた。

また、谷原が「僕、6人の子どもがいるんです」と言うと、エミリーは「ワオ!メリー・ポピンズが必要ですね」と驚く。続いて彼女が「すてきなお父様。優しすぎちゃったりしませんか?」と尋ねる。谷原は「ガンガン怒ります。いまはウソの顔です。ジャパニーズ・ダディはハードです」とおちゃめに語った。

『メリー・ポピンズ リターンズ』の主人公は、ちょっと上から目線でミステリアスな魔法使いメリー・ポピンズ。ある日、母を亡くして大ピンチに陥ったバンクス一家に舞い降り、一風変わった方法でバンクス家の子供たちのしつけを開始する。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

コメント

タイトルとURLをコピーしました