斎藤工、困惑しきり…「麻雀放浪記2020」マカオ国際映画祭まさかの出品中止(映画.com)

シェアする

★動画配信サービスで映画が見放題★
↓映画見放題で楽しむ方法はこちら↓
>>格安映画見放題サービスのおすすめ<<

[ 元の記事 ]
出典元: 困惑する斎藤工

[映画.com ニュース] 斎藤工の主演最新作「麻雀放浪記2020」(白石和彌監督)が、第3回マカオ国際映画祭(12月8日開幕)でワールドプレミアを行う予定だったが、急きょ出品中止となったことが明らかになった。

 斎藤が10年の歳月をかけて映画化を熱望し、念願がかなって実現した今作は、ギャンブルがテーマのひとつとなっている。ギャンブラーにとって聖地ともいえるマカオでのキックオフがふさわしいという理由で、同映画祭でお披露目する予定だった。映画祭サイドから出品要請があったという経緯があるだけに、斎藤も困惑しきりだという。

 映画祭の公式見解は、「セックス&バイオレンスによる表現の過剰さ、そして設定となっている世界大戦が起きて東京オリンピック2020が中止になったというシニカルな背景設定など、その過激で反逆的なシーンが多い」というもので、出品中止という判断がくだされた模様だ。

 累計発行部数250万部を超える阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を原案とし、イラストレーターの和田誠が初監督した同名映画(1984)の大ファンだった斎藤の熱いラブコールにより、設定を大胆に変えた本作の企画がスタート。東京オリンピックが中止になった2020年、人口が減少し、労働はAI(人工知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれていた。1945年の戦後からタイムスリップしてきた坊や哲(斎藤)は驚がくの世界を目の当たりにし、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”で死闘を繰り広げることになる。

 姉妹音楽ユニット「チャラン・ポ・ランタン」のボーカル・もも、ベッキー、竹中直人らも出演する「麻雀放浪記2020」は、19年4月5日から全国で公開。

映画好きなら他の映画ブログも
ぜひこちらからご覧ください
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ

にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

▼月額933円で映画・ドラマ・アニメが見放題▼

▼見放題作品80000本/レンタル作品50000本▼

▼12万作品が月額500円で見放題▼


シェアする

フォローする