伊丹十三のこだわりスタイル特集がMENS Preciousで、妻・宮本信子の証言も(映画ナタリー)

シェアする

★動画配信サービスで映画が見放題★
↓映画見放題で楽しむ方法はこちら↓
>>格安映画見放題サービスのおすすめ<<

[ 元の記事 ]
出典元: MENS Precious 2018年冬号

本日12月6日発売の男性誌MENS Precious 2018年冬号にて、伊丹十三の特集が展開されている。

【写真】宮本信子(撮影:立木義浩)(メディアギャラリー他1件)

生前は映画監督、俳優、エッセイスト、商業デザイナーなどさまざまな肩書で活躍した伊丹。43ページにわたる同誌の特集では「世紀の才人のお洒落とモノ選び流儀『伊丹十三 こだわりSTYLE BOOK」のタイトルで、彼の初公開となる写真や私物を紹介していく。さらに「13+αの顔を持つ男──伊丹十三とは何者だったのだろう?」「1960年代、伊丹十三は最強のファッションリーダーだった!」「伊丹十三エッセイ入門」といったコーナーも掲載される。

また妻である女優・宮本信子のインタビューも収録。宮本は「結婚するとき、悲しかったですが、自分のものを全部捨てましたよ、伊丹さんから『要りませんから』と言われて」「そうすると、今度は、私のために、それはきれいな服をつくってくださるの。結婚前でもそうでしたからね。『この人に似合うもの、これとこれ』という調子で」といった伊丹のこだわりについて証言する。また伊丹の初監督作「お葬式」の現場近くで寝泊まりしていたという宮本は「私だけじゃなく、スタッフの皆さんも、伊丹さんが『オーケー!』と言ってニコッと笑うその顔が見たくて仕事をしている、そういうムードでしたもの。だから、伊丹さんがいちばん素敵なのはやっぱり撮影現場かな。現場で悩んで、ものすごく考え込んだり、うんうんうなっているようなところも、ちょっと格好いいなと思います」と回想した。

映画好きなら他の映画ブログも
ぜひこちらからご覧ください
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ

にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ

▼月額933円で映画・ドラマ・アニメが見放題▼

▼見放題作品80000本/レンタル作品50000本▼

▼12万作品が月額500円で見放題▼


シェアする

フォローする